【薬剤師によくある悩みをご紹介】

薬剤師の離職率

離職率が高い職場は、求人情報誌などを見てもいつも募集しています。離職率が高い要因には、職場の雰囲気が悪かったり、待遇が悪かったりなどで、人の出入りが激しい為に、すぐに求人を出しているケースが多く、毎回求人募集をかけているお店は注意した方がいいかもしれません。反対に離職率が低い店舗では、従業員が満足しているので、辞める人が少なく、なかなか求人募集出す事が有りません。

職場の環境や人間関係に悩んでしまい、病気になってしまう位なら、離職をしても仕方がありませんが、薬剤師さんの場合には、同じ場所で長年勤務する事で、給料面でも違いが出てきますし、転職を繰り返すよりも、一箇所で長年務める方がキャリアアップにも有利に働きます。

いざ就職活動をする際に、同じ薬剤師さんが応募した際には、同じ場所で長年勤めていた実績がある人間の方が高く評価されますし、転職にも有利に働きます。もし将来設計の中にステップアップする計画があるのであれば、なるべく同じ職場に居てキャリアを積むほうが有利です。

薬剤師の離職率はどちらかと言えば女性の方が高いと言えます。その理由には、結婚や出産を機に離職する方も多く、出産後はパート薬剤師として働くケースが一般的のようです。産休制度などがある所なら、産休という形で休めるのですが、薬剤師さんの場合には、産休を取る事は難しく、最終的には離職という形になってしまうようです。

現在では薬剤師さんはどこの会社も不足しており、求人案件を見ても、好条件が多く、比較的、転職しやすい状況になっています。その影響から、今よりも良い給料面や待遇を望んで転職する方も多く、好条件の職場は競争倍率が高くなっています。

年収を考えた場合には、同じ職場一生働いた人と、スキルアップを目的とし、好条件の場所に転職した人では、同じ職場で働いる人の方が年収は多いかもしれませんが、仕事の充実感や、やりがい、将来性を考えた時には、転職を行なった人の方が魅力的かもしれません。

理想的な事としては、好条件の場所で長年務める事が一番の理想的な話ですが、残念ながら魅力的な案件はなかなか見つからず、ハローワークや求人情報誌を見ても、なかなか見つかりません。そんな魅力的な案件を見つけるには、その分野に特化した求人サイトを利用する必要があり、薬剤師専門の転職サイトなどを利用する事で、見つける事が出来ます。何度も転職をする事で、マイナスイメージも生まれてしまうので、好条件で働きやすい職場を見つけましょう。

人気の薬剤師転職エージェントランキング!!

対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 株式会社リクルートメディカルキャリア
公式サイト リクナビ薬剤師の詳細・申込み
リクナビ薬剤師申込みはこちら
対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 株式会社マイナビ
公式サイト マイナビ薬剤師の詳細・申込み
マイナビ薬剤師申込みはこちら
対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 エムスリーキャリア株式会社
公式サイト 薬キャリの詳細・申込み
薬キャリ申込みはこちら