【薬剤師によくある悩みをご紹介】

薬剤師の副業

薬剤師さんが本業意外に副業を行なっているケースも多々あり、職種も様々なようです。薬剤師で勤務した帰りにコンビニのアルバイトを行なっている方中には居るみたいですが、通常の正社員の場合には、副業は禁止されています。もし薬剤師の方で副業を始めようと思っているは、会社の許可を得てから副業を始める必要があり、許可なく副業を行なってしまうと、最悪会社を解雇されてしまう恐れがあります。

特に薬剤師の場合には、薬を扱う仕事でもあるので、副業によって疲れが溜まってしまい、ミスを犯してしまう場合もあるので、多くの企業は基本的には副業は禁止している所が多いです。ただこれはあくまでも正社員の話であって、パート薬剤師さんやアルバイト薬剤師さんの場合には、会社で特に言われていなければ、副業を行なっても問題が無いとされています。

副業を行う際には、なるべく本業とは別の職種に就くのが常識的で、薬剤師のお仕事をしていたら、副業も薬剤師のお仕事を行う方は少ないようです。ただ薬剤師さんの場合には、それなりにお給料も良く、よっぽどの事がない限り副業を行なっている方も少なく、どちらかというと、副業を薬剤師として働いている方が多いようです。

本業は会社員をやっており、副業でパート薬剤師さんをやっている方や、本業は別にあり、深夜のドラッグストアで深夜薬剤師として働いている方などおり、副業で薬剤師として働いている方を多く居るようです。

薬を販売する上で薬剤師の存在は必須で、法律で薬剤師が居ない時間帯は、薬を販売する事が出来ません。最近では登録販売者という資格も出来、薬剤師が居なくても薬を販売する事が出来るようになりましたが、お店の売り上げを左右する第一医薬品に関しては、薬剤師でなくては販売できないので、深夜の薬剤師パートは時給が高く、短時間でも歓迎されるので、副業で薬剤師を行うようです。

深夜の薬剤師パートは求人雑誌などにも載っていますが、数が少なく、選べる企業があまりありません。同じ深夜でも会社によって時給も違い、多いところでは500円以上もの差がある会社もあり、なるべく高い時給で深夜働きたい方は、薬剤師専門の転職サイトを利用してみると良いでしょう。薬剤師に特化したサイトなので、薬剤師の求人が多く、一般紙に比べて選択肢も広がるので、もし副業で深夜薬剤師を行いたい方は、薬剤師専門の転職サイトを利用すると良いでしょう。

人気の薬剤師転職エージェントランキング!!

対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 株式会社リクルートメディカルキャリア
公式サイト リクナビ薬剤師の詳細・申込み
リクナビ薬剤師申込みはこちら
対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 株式会社マイナビ
公式サイト マイナビ薬剤師の詳細・申込み
マイナビ薬剤師申込みはこちら
対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 エムスリーキャリア株式会社
公式サイト 薬キャリの詳細・申込み
薬キャリ申込みはこちら