【薬剤師によくある悩みをご紹介】

新人薬剤師によくある悩み

新人薬剤師は就職した当初は希望や意欲に燃えて仕事に取り組むものですが、職場の雰囲気にや仕事に慣れるようになってくるころからさまざまな悩みを抱えるようになります。だれでも必ず通り抜けるものですが、それが深刻な状況にまで発展して離職してしまう恐れもあるだけに軽くは扱えません。

新人薬剤師によくある悩みの筆頭が「やりがいを感じられない」こと。よくある「仕事のミスマッチ」と呼ばれるものです。薬剤の資格を取得したうえでその知識を活かせる仕事に就いたのですから、一般のサラリーマンに比べればミスマッチを感じる余地は少ないように思えますが、本来やりたいと思っていた業務とは違う業務で働かされるといった理由で悩み・不安を感じることも多いのです。調剤業務をやりたいのに薬剤の管理や接客ばかりなど。こうした環境を続けていくと不満だけでなく「こんなことを続けていいんだろうか」「時間を無駄にしてるんじゃないだろうか」といった悩みも積み重なっていきます。

それから職場環境に馴染めない悩み。このケースで薬剤師がよく抱えやすいのが閉鎖された環境における人間関係の問題です。とくに調剤薬局の場合、数人程度のごく限られたスタッフだけで仕事を行っていくため、合わない人がいたり、上司に問題があった場合には人間関係が大変な負担になります。閉鎖的な環境だけに、通常では考えられないようなパワーハラスメントや嫌がらせが行われるケースもあります。それから教育環境の不足。新で右も左もわからない状態で就職したにもかかわらずまったくフォローが行われず、毎日のように叱り飛ばされてばかりな生活を送っていれば不満も覚えますし、「自分は薬剤師に向いていないんじゃないだろうか」といった悩みを抱えやすくなります。もっと働きながら学んでいける環境で働きたいと切実に願っている薬剤師も少なくないはずです。この薬剤師の教育環境については看護師に比べてかなり劣っている面が多いだけに大きな悩みの種といえます。

収入面や将来のキャリア形成への悩みが少しずつ大きくなっていくこともあります。数ヶ月働いただけで将来の昇進・昇給があまり期待できなそうなことがわかってしまう職場もあります。調剤薬局の場合は同じ業務の繰り返しでキャリアを積み重ねにくい面がありますし、製薬会社の場合は派閥争いや一族経営の問題点などが新人薬剤師にもすぐに分かるほど露呈しているケースも少なくありません。そのほかには同じ薬学部出身の同期との待遇・収入の比較などもよくある悩みとして挙げられるでしょう。

人気の薬剤師転職エージェントランキング!!

対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 株式会社リクルートメディカルキャリア
公式サイト リクナビ薬剤師の詳細・申込み
リクナビ薬剤師申込みはこちら
対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 株式会社マイナビ
公式サイト マイナビ薬剤師の詳細・申込み
マイナビ薬剤師申込みはこちら
対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 エムスリーキャリア株式会社
公式サイト 薬キャリの詳細・申込み
薬キャリ申込みはこちら