【薬剤師によくある悩みをご紹介】

薬剤師のフィジカルアセスメント

フィジカルアセスメントとは、直接患者さんの体に触れる事によって、患者さんの病気の症状などを分析する事を言います。お医者さんや看護師さんのなどがよく行う行為ですが、近年では薬剤師の方も行なっている方も居ます。

病気の症状一つとっても、患者さんの頭が痛かった場合、外傷によるものか?内部からの影響によって痛むのか?によって処方する薬も違ってきます。そのようなケースでは、直接患部を触ることにより病状が判る事もあり、フィジカルアセスメントは重要だと言えます。

ただフィジカルアセスメントの行為は、お医者さんが行う行為でもあり、薬剤師がフィジカルアセスメントを行う行為に消極的な職場は多いです。

フィジカルアセスメントの行為自体、薬剤師が行う事は禁止されていませんが、勝手に薬剤師が判断してしまって、間違った診断を行なってしまった場合にはそれ相応のリスクも生じる為、「フィジカルアセスメント行為はお医者さんの仕事」としている職場も多く、なかなか行う事が出来ないのが現状です。

これからの時代は、薬剤師の方もフィジカルアセスメントを行なっていく必要があると言えます。特に地方では病院も少なく、お医者さんにかかるのに2時間以上も待つことも当たり前です。診断が遅れる事により病状が悪くなってしまう事もあり、薬剤師の方がフィジカルアセスメントを行う事で、救える患者も居るかもしれません。

あなたの今の職場では、薬剤師がフィジカルアセスメントを行なっていますか?フィジカルアセスメントを行うには、お医者さんとの信頼関係も必要ですし、ある程度の知識も必要なってきます。これからの時代は薬剤師の方もお医者さんと連携して、患者さんを救っていく必要があり、一部の病院では積極的に薬剤師の方がフィジカルアセスメントを行なっている病院もあり、とてもやりがいを感じている薬剤師さんも多く居ます。

近年では薬剤師の方も変化を求められています。フィジカルアセスメントはお医者さんが行う行為だと思っている職場も多く、「薬剤師は薬を扱っていれば良い」といった古い固定観念があるので、時代に取り残されてしまう危険性もあります。

薬剤師専門の転職サイトでは、薬剤師の方が積極的にフィジカルアセスメントを行える職場も紹介しており、自分の力を試したい薬剤師の方にもお勧めです。

人気の薬剤師転職エージェントランキング!!

対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 株式会社リクルートメディカルキャリア
公式サイト リクナビ薬剤師の詳細・申込み
リクナビ薬剤師申込みはこちら
対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 株式会社マイナビ
公式サイト マイナビ薬剤師の詳細・申込み
マイナビ薬剤師申込みはこちら
対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 エムスリーキャリア株式会社
公式サイト 薬キャリの詳細・申込み
薬キャリ申込みはこちら