【薬剤師によくある悩みをご紹介】

薬剤師の産休

女性の場合に出産をする際に心配な点として、産休があります。女性の場合、産休を取ることも可能ですが、近頃では産休を取るのが難しいようです。

特に少人数で運営している調剤薬局は、産休を申し出てもあまり良い反応が無く、出産後戻ってきても職場に居づらく、最終的には辞めてしまったという方が多く居ます。産休自体は法律で決められているので取ることも可能ですが、やはり少人数の現場では人手が欲しい為、退職を勧められケースが多く、産休を認めないのであれば、労働局などに訴える事で産休を取る事も可能ですが、そこまでする方は少なく、渋々辞める人がほとんどです。

薬剤師店長が居るドラッグストアなどや、店舗に薬剤師さんが複数居るお店等は、産休等を普通に取らせてくれていましたし、大きな企業になると、店舗に薬剤師さんが居ない場合には、近くの店舗から薬剤師さんが一時的来たり、パート薬剤師さんを雇ったりなどして対応してくれるので、産休を取っても特に問題はありませんでした。

もし将来産休を取りたく、出産後も働きたいと思っているら、小さい会社よりも大きな会社で働く方が、比較的産休も取りやすく、復職もしやすいので、大手に転職をお勧めします。産休で辞めてから仕事を探すとなかなか難しく、仕事を探しながら育児を行うのは大変です。産休育休などに理解がある会社に最初からいれば、仕事探しを行わなくても済むので、精神的にも楽だと言えます。

最近では男性の方も育休で休みを取る方も増えてきており、理解がある会社も増えてきたので、安易に産休を申し出る事が出来ました。ただまだ、なかなか男性の育休を認めている会社は少ないのですが、薬剤師専門の転職サイトなどでは、事前に産休の有無や男性の育休などを認めている所なのかを調べてくれるので、将来子供を育てる為に、会社を休みたい方は利用してみると良いかもしれません。もし産休を申し出てもあまり良い反応では無く、会社を辞めなくてはならない場合には、パート薬剤師として働く方法もあり、事業主と相談してみるのも良いかもしれません。

特に薬剤師さんの場合には、店舗に居なければ運営出来ないお店もあり、薬剤師さんの産休を取る事は難しいのが現況です。店舗に複数薬剤師さんが居るのでしたら比較的産休も取りやすいので、将来の事を考えるなら薬剤師さんが複数居る店舗などに転職する方が後々困らなくても済むので、この機会に転職を考えてみてはいかがでしょうか?

人気の薬剤師転職エージェントランキング!!

対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 株式会社リクルートメディカルキャリア
公式サイト リクナビ薬剤師の詳細・申込み
リクナビ薬剤師申込みはこちら
対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 株式会社マイナビ
公式サイト マイナビ薬剤師の詳細・申込み
マイナビ薬剤師申込みはこちら
対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 エムスリーキャリア株式会社
公式サイト 薬キャリの詳細・申込み
薬キャリ申込みはこちら