【薬剤師によくある悩みをご紹介】

薬剤師の将来性

薬剤師の将来性は色々可能性を秘めています。薬剤師といっても職種は幅広く、何をもって将来性があるのか?によっても変わってきますが、長年薬剤師として働くことで、何かしらの将来性があると言えるでしょう。

例えばドラッグストアに薬剤師として正社員として勤務すれば、将来店長になる事も可能です。ドラッグストアでは現在でも薬剤師は不足しており、店舗に社員と薬剤師を置かなくてはいけないので、薬剤師社員はとても優遇されます。長年社員をしていれば、店長になる試験も受けられるので、将来は薬剤師店長として活躍する事も可能です。薬剤師店長になれば色々な手当も貰えるので、年収面でも大幅にアップしますし、年収700万円以上貰っている薬剤師店長さんも居るので、将来性のある職種だと言えます。また店長での業績が評価されれば、エリアマネージャーになる事が出来、地域全体の店舗を管理出来るようになり、仕事にもやりがいを感じれるようになります。ドラッグストア業界は、実力主義の所もあるので、しっかりした実績を出す事で評価をしてくれるので、とてもやりがいもあり、将来性もある業種とも言えるでしょう。

調剤薬局勤務では、安定性があり不況にも強いという点で将来性があります。薬剤師さんの中にでも人気があるのが調剤薬局です。調剤薬局の場合には、ドラッグストアのような薬剤師店長と違い、年収面では劣りますが、ノルマや売上等もあまり気にしませんし、ほとんど定時に帰宅する事が出来、自分の時間を優先することができる為、何よりも安定性があります。日々の仕事量もあまり変化が無く、刺激面は少ないですが、気楽に出来るので、競争倍率が高い職場です。

他には大学病院で薬剤師を続けていれば、将来はその薬学の責任者として活躍出来、薬剤部長になれば収入面でもアップしますし、何よりもやりがいが生まれます。病院勤務の場合には、一番患者さんと触れ合う時間が多く、病院勤務する方は年収面や自分の時間よりも、やりがいを仕事に持っており、毎日充実した日々を送っているようです。自分で楽しめる仕事程、仕事が楽しい事はないので、そういった面を見ると将来性のある分野だと言えるでしょう。

何をもって将来性というのかは人によって違います。薬剤師の資格を得た以上仕事の職種も広がるので、薬剤師専門の転職サイトを利用してみて、色々自分にあった分野を探してみると良いかもしれません。薬剤師に特化したサイトなので、多くの薬剤師の方が実際に転職しているので、過去の事例を参考に出来るので、将来性のある職種に就きたい気持ちがあるなら一度利用してみてはいかがでしょうか。

人気の薬剤師転職エージェントランキング!!

対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 株式会社リクルートメディカルキャリア
公式サイト リクナビ薬剤師の詳細・申込み
リクナビ薬剤師申込みはこちら
対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 株式会社マイナビ
公式サイト マイナビ薬剤師の詳細・申込み
マイナビ薬剤師申込みはこちら
対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 エムスリーキャリア株式会社
公式サイト 薬キャリの詳細・申込み
薬キャリ申込みはこちら