【薬剤師によくある悩みをご紹介】

薬剤師と英語

薬剤師にとって、英語能力は必須になりつつあります。ドラッグストアなどで勤務している場合には市販の薬が多いので、あまり英語は使いませんが、調剤薬局などの勤務の場合には、英語表記の薬なども扱う事もあり、多少の英語能力は必要かもしれません。

英語が出来なくては勤務が出来ないという訳でも無く、就職する際にも英語能力を問われる事はありませんが、近頃では外国人の患者さんも多くなってきており、ある程度の英会話などが必要になってくるかもしれません。特に薬は命に関わる物でもあるので、間違った薬の飲み方を行なってしまった場合には、取り返しの付かない事にも繋がります。その為にも、英語をきちんと話せる人間が店舗に一人いる事も大事かもしれません。

また日本のドラッグストアは世界でも有名で、欲しい物が安く手に入るとあって、日本に観光したい所としてドラッグストアが入る程人気があり、外国人のお客様も相手にしなくてはいけないので、全然英語が離せないという訳にはいきません。海外の方に人気のある商品として「湿布薬」が人気があり、大量に購入してく海外の観光客も居ますし、「オロナイン」や「命の母」なども人気あり、飲み方や使い方を聞かれた時には、きちんと説明しなくてはいけません。特にオロナインなどを口に入れてしまったりした時は大変ですし、粉薬を患部に塗っていたり・・と日本では当たり前の使い方も、海外の方は判りません。

最近では薬剤師さん用の英語テキストなども販売されており、仕事に必要な英会話術や、会社のセミナーなどで、英会話の練習を取り入れている企業もあり、だんだんと国際化しつつあります。またお店のPOPに関しても英語表記も対応している所もあり、最近では英語以外にも、韓国語、中国語なども書くようにしていますし、社員の方が電子辞書を片手にPOPを書いている光景もよく見かけます。

外国人が多く住む街の求人案件では、「英語を話させる薬剤師さん募集!」「TOIEC○点以上」といった英語能力を持っている方を募集している案件もあり、英語が話せる薬剤師さんの求人も目立つようになってきました。英語が話せる方の場合には、別途手当なども付き、他の方よりも時給が高いなど、色々優遇してくれるお店も多いので、英語が得意な方はそういったお店に勤めてみてはいかがでしょうか。

英語スキルを重視してくれる薬剤師さんの募集は特殊案件でもあるので、なかなか求人が見つかりません。そんな時は薬剤師専門の転職サイトを利用する事で、薬剤師さんの求人案件を一杯扱っているので、見つかるかもしれません。これからどんどん国際化が進んでいくので、薬剤師さんの英語スキルが必須になる日も近くなるかもしれません。

人気の薬剤師転職エージェントランキング!!

対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 株式会社リクルートメディカルキャリア
公式サイト リクナビ薬剤師の詳細・申込み
リクナビ薬剤師申込みはこちら
対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 株式会社マイナビ
公式サイト マイナビ薬剤師の詳細・申込み
マイナビ薬剤師申込みはこちら
対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 エムスリーキャリア株式会社
公式サイト 薬キャリの詳細・申込み
薬キャリ申込みはこちら