【ドラッグストアでの薬剤師によくある悩みをご紹介】

ドラッグストアで働く薬剤師によくある悩み

全国各地にドラッグストアが展開されており、そこで働く薬剤師も増えています。またもっとも就職・転職がしやすい選択肢のひとつでもあります。登録販売者の資格の登場で薬剤師の需要が今後減ると言われていますが、それでも求人の数が多い職種であることに変わりはありません。

ただドラッグストアで働く薬剤師には特有の悩みも見られます。もっとも多いのは人間関係の悩み。どの職場の薬剤師にも多かれ少なかれ抱えるものですが、ドラッグストアの場合は在籍している薬剤師の数が少ないためとくに深刻化しやすいのです。先輩薬剤師、管理薬剤師とそりが合わない場合、露骨なパワハラや嫌がらせを受けるケースも少なくありません。「邪魔ばかりするな」「いないほうがマシ」といった暴言を吐かれる例もあります。上司と二人しかいない職場だと間に入ったり上司をいさめる人間がいないため、パワハラが際限なくエスカレートしてしまうこともあります。これが理由で薬剤師がすぐに辞めてしまい、常に店頭に薬剤師募集の貼り紙が掲載されているドラッグストアもあるようです。

また人間関係の悩みがなくてもスタッフの数が少ないため就業時間が厳しい環境で悩むケースも見受けられます。ドラッグストアとしてはできるだけ薬剤師が常駐する時間を長くして医薬品を販売できる環境にしたいですから、どうしても勤務時間が長くなったり、休日・祝日に休みづらいといった悩みが出てくるのです。店頭にパート募集の貼り紙がいつも貼られているところはそうした人手不足の問題を抱えている事情が窺えます。

もうひとつ大きな悩みとなるのがキャリアややりがいに関するもの。ドラッグストアの場合、商品となる医薬品の在庫管理や受注、製薬メーカーとの交渉といった業務のほか、医薬品を購入するお客さんへの説明や注意事項の伝達などを担うことになります。もちろんこれらの仕事も薬剤師だからこその重要なものなのですが、調剤業務を行う機会がないためせっかくの自分のスキルを活かせないと不満を覚えるケースも多いのです。その結果やりがいを感じられなくなったり、自分が無駄なキャリアを積んでいるのではないかと悩みを抱えてしまうわけです。

他にも昇給・昇進への悩みや成果主義の導入といった収入環境への悩みなども挙げられます。スタッフが少ないわけですから、昇進の余地が少ないのはとくに大きな悩みの種といえます。こうした点が自分が働く上で足かせにならないかどうか、ドラッグストアへの就職・転職を検討している人はあらかじめ確認しておく必要がありそうです。

人気の薬剤師転職エージェントランキング!!

対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 株式会社リクルートメディカルキャリア
公式サイト リクナビ薬剤師の詳細・申込み
リクナビ薬剤師申込みはこちら
対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 株式会社マイナビ
公式サイト マイナビ薬剤師の詳細・申込み
マイナビ薬剤師申込みはこちら
対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 エムスリーキャリア株式会社
公式サイト 薬キャリの詳細・申込み
薬キャリ申込みはこちら