【薬剤師によくある悩みをご紹介】

調剤薬局で働く薬剤師によくある悩み

以前は診察を受けた病院で薬を受け取る院内処方が多かったのですが、最近では患者が処方箋を持って薬局に行くことが多くなり、処方箋をもとに薬を用意する調剤薬局の数が多くなりました。それにつれてそこで働く薬剤師の数も増えており、募集も定期的に行われています。転職サイトを活用したり、斡旋業者に登録したりすれば、転職するのもそれほど難しくはないでしょう。基本的には資格があれば、病院や調剤薬局、ドラッグストアなどどこでも薬剤師として働くことができるとはいえ、その仕事内容にはかなり違いがあります。そのため、同じ職種でも、病院から調剤薬局に転職した時など、戸惑うことが多いようです。

まず、調剤薬局の場合は、大規模なチェーンにせよ個人経営にせよ、規模としてはそれほど大きなものではありませんので、働く人の人数も限られます。たいていは数人で仕事を行っているので、店舗によっては薬剤師とはいえ事務作業までこなさなければならない場合もあります。また、人数が少ないからこそ、人間関係に問題があった場合には退職に追い込まれるなど、辛い思いをすることもあるようです。

さらに、最近では大きな病院の周囲に調剤薬局が何軒も並んでいることも多く、薬局と言えども生き残るためには経営努力が必要になります。もちろん薬の値段を下げたりといったことはできませんから、ここでできるのは患者とのコミュニケーションを図る程度ですが、これが意外と大切なのです。定期的に病院で診察を受けて薬を受け取る患者は多いので、「なじみの薬局」になれるかどうかは経営上で、患者としてもいつもツンとしている薬剤師ばかりの薬局よりも、フレンドリーな薬局に行きたいと思うのは当然でしょう。コミュニケーションを取るのが苦手な薬剤師は負担に感じることがあるようです。また、場合によっては薬代を払ってくれない患者もいるので、そうした薬代の回収も任されるなど、薬を扱う業務以外のところで悩みを抱える人も少なくありません。

薬剤師は、世間の人が思うほど給料が高いわけではなく、相場としては年収400〜500万円程度です。しかし、個人経営が多い調剤薬局の場合は、店舗によってかなり幅があって、20代で年収700万円もある場合もあれば、300万円程度と事務員と変わらないような待遇のところもあります。意外と大手のチェーンのほうが給料が平均程度で、人の集まりにくい地方の個人調剤薬局のほうが高給であることが多いようです。仕事の量も店舗によって差があるため、仕事内容に割に給料が低いという悩みを持つ人もいます。

人気の薬剤師転職エージェントランキング!!

対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 株式会社リクルートメディカルキャリア
公式サイト リクナビ薬剤師の詳細・申込み
リクナビ薬剤師申込みはこちら
対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 株式会社マイナビ
公式サイト マイナビ薬剤師の詳細・申込み
マイナビ薬剤師申込みはこちら
対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 エムスリーキャリア株式会社
公式サイト 薬キャリの詳細・申込み
薬キャリ申込みはこちら