【薬剤師によくある悩みをご紹介】

薬剤師の服装

薬剤師の服装は基本的には白衣を着る事がほとんどですが、薬以外にも、日用品などを販売するドラッグストアでも白衣を着る事が当たり前となっています。やはり薬を扱う以上「清潔感」が重要視され、汚れていたり、医療関係には合わない服装だと、購入する側も心配になってしまいます。ただ白衣の種類も色々あり、お店によって色も様々で、緑色の白衣やブルーの白衣、女性ではピンクの白衣を着ているお店もあり、一概に白色の白衣を着るのではなく、お店によっても様々なようです。

ドラッグストアでは、薬剤師の方は常に白衣を着ており、白衣の下は男性ならYシャツなどを着ている人がほとんどです。女性の薬剤師さんの場合は、ブラウスやTシャツを下に着ており、休憩時間などになると、白衣を脱いで過ごす方がほとんどで、お店で勤務する際には白衣を着る事となっています。

特に医療関係の職場では清潔感を重視する傾向にあり、白衣が汚れているだけでもクレームに繋がる事もあり、注意が必要です。ドラッグストアでは薬の販売以外にも、食品の品出しや、日用品などが毎日店舗には届きます。お店への品出しは、ほとんどの店舗が午前中に品出しを行うお店が多く、午後からは接客などを行う時間とされているのですが、午前中に品出しを行い、その際に白衣が汚れてしまって、そのまま薬の接客を行なってしまうと、クレームにも繋がってしまいます。その為、午後に服をわざわざ着替えている社員の方もおり、薬を売る上でまず清潔感が重視されます。

薬剤師の場合には服装も清潔感を重視されますが、身なりも重視され、店舗によっては指輪やマニュキアを禁止している店舗もあり、あまりにも身なりに厳しく職場に馴染めない薬剤師さんも中には居るようです。服装や身なりに関しては清潔感をすごく重視する会社もあれば、あまり重視しない会社もあり、最低限白衣を着ていれば特に問題の無い会社もあります。もし身なり等でストレスを感じて居たり、会社に窮屈を感じているようであれば、この機会に転職をしてみてはいかがでしょうか?

会社によっては、清潔感を重視するあまり薬剤師の方がストレスを感じてしまい、病気になってしまったという話も聞きます。服装も確かに大事ですが、薬剤師がストレス無く楽しく働ける職場が良い職場だと言えます。もし会社に違和感や、ついて行けないと感じているのであれば、薬剤師の専門の転職サイトを利用して、働きやすい職場に移ることを考えてみてはいかがでしょうか。

人気の薬剤師転職エージェントランキング!!

対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 株式会社リクルートメディカルキャリア
公式サイト リクナビ薬剤師の詳細・申込み
リクナビ薬剤師申込みはこちら
対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 株式会社マイナビ
公式サイト マイナビ薬剤師の詳細・申込み
マイナビ薬剤師申込みはこちら
対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 エムスリーキャリア株式会社
公式サイト 薬キャリの詳細・申込み
薬キャリ申込みはこちら